02/07/2016 16:48 GMT+7 Email Print Like 0

国家主席、ホーチミン市の発展を促進

7月2日、ホーチミン市で、7月2日のサイゴンからホーチミン市へと改名40周年記念日を祝う式典が行われ、チャン・ダイ・クアン国家主席らが参列しました。

国家主席、hcm市の発展を促進 hinh 0


席上、クアン主席は、「この40年間、ホーチミン市は常に良き伝統を発揮し、あらゆる困難を乗り越え、素晴らしい考え方とやり方で絶え間なく発展してきた。現在、ホーチミン市は、南部の経済・政治・文化・社会の中心地としての役割を果たす特別な年となっている」と評価しました。

また、「今後もさらに発展していくために全力をあげて取り組んでいく必要がある」と強調し、次のように語りました。
(テープ)
「ホーチミン市は、経済社会発展を中心に、党建設を重要な任務に、文化発展を社会の基盤にするという党の政策を貫徹する必要があります。全党、全国民は、ホーチミン市に関心を寄せ、困難を分かち合い、ホーチミン市の発展を期待しています。」

式典で演説を行った同市党委員会のディン・ラ・タン委員長は、「この40年間、ホーチミン市の経済は25億ドン(約1200万円)規模から957兆ドン(約4兆6千億円)規模に発展し、市民の一人当たりの年平均収入は5500ドルを超えている。ホーチミン市は、2020年をめどに東南アジア地域の経済・金融・貿易・科学技術の中心地になるという目標を掲げている」と明らかにしました。
ソース:VOV