05/02/2019 13:06 GMT+7 Email Print Like 0

国外在留ベトナム人の力をさらに発揮

近年、国外在留ベトナム人は母国ベトナムの経済社会発展に積極的に貢献してきました。 2019年の旧正月テトを迎えるにあたり、記者団のインタビューに応えた際、国外在留ベトナム人担当委員会のルオン・タイン・ギ副委員長は「2018年、国外在留ベトナム人およそ450万人が安定的に発展し、所在国の経済、社会発展に参加してきた。 特に、多くの国外在留ベトナム人は母国ベトナムへ投資を行ってきた。」と強調すると共に「2018年末現在、国外在留ベトナム人は全国の45の省や市で総額40億ドル相当の3千件の投資プロジェクトを実施してきた」と明らかにしました。 また、「2018年、国外に在留しているベトナム人の知識人や若者が母国ベトナムに帰国する傾向がある。また、国外在留ベトナム人はベトナム語の教育を始め、母国の伝統的文化の保存のため、様々な活動を行った」と述べました。 ソース:VOV