04/07/2020 10:44 GMT+7 Email Print Like 0

国内消費の刺激、輸出促進を目指す

(VOVWORLD) - 2日午後、ハノイで政府と各地方とのテレビ会議が行なわれました。席上、商工省のチャン・トゥアン・アイン大臣は今年第2四半期、世界市場の需要が激減したものの、中国やアメリカへのベトナムの輸出は17・4%増となり、昨年同期と比べ、10・3%増となったと明らかにしました。

「アメリカや中国を中心に重点的な輸出市場に関する問題点の処理に集中しなければなりません。アメリカに関し、製品、サービスの取引に関する問題、中国に関して、農産物への市場開放に関する手続きの処理を進めることです。商工省は各地方に、中国側の各地方との連携の強化を支援し、通関手続きの円滑化を目指します。また、産地偽装の防止対策に力を入れていきます。一方、我が省は中小企業協会や農業農村開発省と協力し、ベトナム・EUの自由貿易協定の展開に踏み切り、電子商取引を推進しています。」