09/02/2018 11:39 GMT+7 Email Print Like 0

国内各地、貧困者にテトの贈り物を贈る

4日、ブオン・ディン・フエ副首相は南部ハウザン省、チャウタイン県のソンハウ工業団地を訪れ、困難な状況にある労働者、職員に50人分のテト贈り物を手渡しました。 4日午後、ハノイ郊外にあるバクタンロン工業団地で「テトの団欒」と題するイベントが行われ、労働者およそ800人が参加しました。今年、ハノイ市の労働連盟は貧困な状況にある労働者に2千人分のテトの贈り物と5千件のバスチケットを提供しました。マスオ・ベトナム有限会社の労働者の一人は次のように話しました。 「ハノイ市労働連盟から贈り物をいただき、嬉しく思います。今年、楽しいテトを過ごせるでしょう。ベトナム労働総連盟とハノイ市労働連盟に感謝申し上げます。」 一方、中央大衆工作委員会のチュオン・ティ・マイ委員長は次のように語りました。 「労働者らがテトに家族団らんが図られることは何よりの喜びです。テトを楽しんだ後、皆さんは仕事に戻り、企業と祖国の発展に励んでゆきましょう。」 他方、4日、ベトナム祖国戦線中央委員会のチャン・タイン・マン議長は南部カント市、ビンタイン県に住む貧しい家庭にチャリティハウスを引き渡す式典に参加しました。この機にマン氏は貧困世帯に100人分のテトの贈り物、チャノック工業団地で働いている労働者に50人分の贈り物を手渡しました。 こうした中、4日夜、ホーチミン共産青年同盟中央委員会は南部ドンナイ省の青年同盟委員会と協力し、「テトを楽しむ」イベントを行いました。イベントで、ドンナイ省の青年同盟委員会は4千人分のテトの贈り物を労働者に贈りました。 ソース:VOV