17/11/2017 09:26 GMT+7 Email Print Like 0

国内世論、財政大臣の質疑応答を評価

16日午前の国会で行われたディン・ティエン・ズン財務大臣よる質疑応答は国内世論の注目を集めました。

ホーチミン市、第1区の有権者ホアン・キム・ガンさんは「ズン大臣は関税管理や公的債務、領収書管理、移転価格税制、関税改革などに関する質問に明確に回答した」との見解を示し、次のように語りました。


「財務大臣が打ち出した措置は実施可能なものです。とくに、各省庁と協力して、国家とASEANのワンストップ制を導入することは国内企業に利益をもたらすでしょう。また、各省庁と連携して、行政手続きの結合や各分野の検査にあたることに際しての困難を指摘しました。」

一方、中部高原地帯ザライ省クロンパ県の有権者ナイペクさんは次のような意見を述べています。

「僻地や困難下にある地域への投資を強化するよう提案します。また、農民に対し、農園モデルの開発や栽培、畜産構造の移行に有利な条件を作り出すとともに、少数民族に職業訓練を行い、迅速かつ持続的な貧困解消を目指す必要があります。」
ソース:VOV