15/11/2019 09:44 GMT+7 Email Print Like 0

国会 外国人の出入国・経由・在留法改正案を討議

14日午前、ハノイで開催中の第14期国会第8回会議で、外国人の出入国・経由・在留法改正案が討議されました。
国会 外国人の出入国・経由・在留法改正案を討議 - ảnh 1
党と国家の外交路線やベトナムの法律、ベトナムが加盟した国際条約、そしてベトナムが各国と締結した協定に見合うように、この改正案をきちんと点検する必要があるとの意見が多くの国会議員から出されました。また、この改正は、外国人観光客を誘致して観光を先端的な経済部門にするという目標達成につながるとされています。北部ハナム省選出のチャン・ティ・ヒエン国会議員は次のように語りました。

「改正案を研究した上で、観光を目的にした外国人のビザ期限と在留期間を増やすことを提案したいと思います。生活費が安くて、人々が親切なベトナムは、観光を発展させる潜在力が大きいですが、ベトナムの観光市場はまだ十分に開拓されているとは言えません。そのため、外国人観光客を誘致して観光を先端的な経済部門にするというベトナム共産党の決議の展開を促進させるようにこの法律を改正しなければなりません。」
同日午前、国会は、2020年の国家予算案を採択しました。
ソース:VOV