21/06/2018 10:24 GMT+7 Email Print Like 0

国会議員と有権者との会合相次ぐ

第14期国会第5回会議が閉幕してからこれまで、国会議員と有権者との会合が相次いでいます。

20日、国会議員であるボ・バン・トゥオン党中央宣伝教育委員長率いる南部ドンナイ省の議員団は同省のロンタイン県の有権者と会合を行いました。席上、有権者らは今国会で採択されたサイバーセキュリティ法、及び、特別行政経済区法案に特別な関心を寄せました。

サイバーセキュリティ法に関し、トゥオン委員長はその重要性を強調し、「これは国民の報道・言論の自由権の確保に貢献する」と確認しました。

一方、20日、ファムビン・ミン副首相兼外相率いる北部山岳地帯タイグエン省の議員団は同省の有権者と会合を行いました。席上、議員らは、国の外交活動や、医療、教育に関する政策などを説明しました。

同日、南部バクリェウ省選出の議員らは同省のホンザン県の有権者と会合を行い、特別行政経済区法案について説明しました。また、有権者の意見を求め、国会に報告するということです。
ソース:VOV