18/11/2020 10:31 GMT+7 Email Print Like 0

国会活動の効果向上

17 日午後、第14期国会第10回会議が閉会式を行いました。今回の会議は立法、国の重要な問題の決定、国家活動に対する監視活動といった3つの分野で重要な成果を収めました。
国会活動の効果向上 - ảnh 1
今国会は、19日間にわたって行われ、10月20日から27日まではオンライン形式で行われましたが、後半の11月2日から17日までは国会議事堂の現場で行われることになりました。今国会の活動には情報技術が導入され、国会活動の効果向上に寄与しました。
今国会では、3日間にわたり、経済社会発展状況に関する討議が行われました。具体的には2020年の経済社会発展計画と国家予算の実施状況;2021年の経済社会発展計画、国家予算、予算の配分;2016年~2020年の5か年計画に関する国会の決議の実施状況;経済社会発展、経済と財政の再構築、中期公共投資などが討議されました。フン・コク・ヒエン国会副議長は次のように語りました。

「討議では有権者が関心を持っている問題が集中的に取り上げられ、国会議員が率直な意見を寄せました。国会議員は政府の断固とした指導と新型コロナウイルス感染症への対応に対する各レベルの行政府と全国民の団結精神を高く評価しています。現在、ベトナムはコロナ禍を基本的に制圧している他、経済社会活動は徐々に回復しています」
また、今国会は7日間にわたり、法律作成に関する問題を討議しました。国会事務局のグエン・チュオン・ザン副事務局長は次のように語りました。

「今国会では7件の法律と3件の決議を採択し、他の4件の法律に意見を寄せました。採択された法律の中には環境保護法、行政違反処理法があります。また、採択された3件の決議には国防・安全保障用土地使用決議、ホーチミン市の都市政権に関する決議があります」
一方、今国会では2日半にわたり、政府閣僚に対する質疑が行われました。北部港湾都市ハイフオン選出のブイ・タイン・トゥン国会議員は次のように語りました。

「今回の質疑内容は制限がありません。つまり、国会議員は世論が関心を持っている問題や未解決問題など、どんな問題についても質疑を行うことができます。政府閣僚の答弁は明確、かつ、十分で、これまでの成功や問題点を指摘した他、今後の克服策をも出しました」
第10回会議は第14期国会の最後の会議です。今国会が指導活動に対する政府の努力、および、監視活動に対する国会議員の責任感を明確に示していると言えます。
 
ソース:VOV