05/05/2018 13:26 GMT+7 Email Print Like 0

国会民族評議会会議、少数民族に関する法案を研究

特別行政経済単位(特区)に関して、北部山岳地帯バクカン省選出のフォン・テイ・タイン国会議員はこれらの特区の行政権には人民評議会、人民委員会があるが、人民評議会の常設機関や委員会を設置しないことを慎重に検討する必要があると強調しました。 国会民族評議会会議、少数民族に関する法案を研究 - ảnh 1 4日、ハノイで開催中の国会民族評議会会議ではバンドン、バク・バン・フォン、フーコクという3つの特別行政経済単位法案、第4期から第5期までの活動の報告書、今後の行動計画について意見集約が行われました。 特別行政経済単位(特区)に関して、北部山岳地帯バクカン省選出のフォン・テイ・タイン国会議員はこれらの特区の行政権には人民評議会、人民委員会があるが、人民評議会の常設機関や委員会を設置しないことを慎重に検討する必要があると強調しました。 また、会議では第4期から第5期までの活動の報告書について意見が寄せられました。報告書は「民族評議会は託された任務を立派に果たした上で、少数民族の人々を対象とした政策、法律、社会保障制度に関する民族評議会の意見が政府、首相、関連各省庁により検討、研究されている」と明らかにしました。 同日、民族評議会は国防法改正案について意見が寄せられました。 ソース:VOV