21/03/2018 15:17 GMT+7 Email Print Like 0

国会常務委員会 第22回会議 閉幕

今回の会議では、閣僚に対する質疑応答が新たなやり方で試験的に行われました。

19日午後、ハノイで、国会常務委員会の第22回会議が閉幕しました。

今回の会議では、閣僚に対する質疑応答が新たなやり方で試験的に行われました。今までの国会での質疑応答は、閣僚たちが議員の質問をまとめた上で答えるというやり方でしたが、今回は、それぞれの質問にすぐ答えるというやり方になりました。

グエン・ティ・キム・ガン国会議長は、新しいやり方は、質疑応答の質的向上に役立つとの考えを示し、次のように語りました。


「質疑応答を今回の新しいやり方で試験的に行うことを通じて、経験を引き出し、次の国会会議で実施します。国会に報告し、次の国会で実施するために、国会事務局長に対し、今回の質疑応答に関する国会常務委員会の結論を関連各省庁に早期に送るよう求めます。また、民族評議会、国会の各委員会、そして、国会議員らは、閣僚らが今回の会議で約束したことの実施過程を監視します。」
ソース:VOV