12/08/2017 12:01 GMT+7 Email Print Like 0

国会常務委員会 司法履歴法改正案を討議

11日午前、ハノイで開催中の国会常務委員会会議で、司法履歴法改正案が討議されました。 その中で、利益追求を目的とした法人の司法履歴の必要性について様々な意見が出されました。 そして、改正案は、利益追求を目的とした法人の前科に触れていますが、こうした法人は、取引などに便宜を図るため、前科の有無の確認を求める権利があり、利益追求を目的とした法人の司法履歴に関するデータベースを構築する必要があるとの意見が相次ぎました。 同日、国会常務委員会は、裁判官の制服着用の試験的実施についても討議しました。 ソース:VOV