04/11/2019 10:10 GMT+7 Email Print Like 0

国会、2019年の経済社会発展計画と国家予算の実施状況を討議

31日午前、ハノイで開催中の第14期国会第8回会議では、2019年の経済社会発展計画と国家予算の実施状況、2020年の経済社会発展計画と国家予算交付案について討議が行なわれました。
席上、北部ニンビン省選出のグエン・タイン・コン国会議員は「ベトナムの企業と市民は生産経営に先進的な技術を導入しているとともに、企業は電子商取引や共有経済モデル、新たな経営モデルを製品、サービス供給に適用しているとあきらかにしました。コン氏は次のように語りました。

「さきごろ、党政治局は第4次産業革命への主体的な参入に関する生産を公布しました。これを実現するため、国家は国内外のあらゆる財源を誘致するための適切な政策をとり、ベトナムの発展を加速し、ベトナムと各国との格差是正を目指す必要があると思います。政府と関係各省庁は早く具体的な計画を立案し、第4次産業革命の適用を進め、経済社会発展に積極的に貢献するよう希望します。」
一方、チュ・ゴック・アイン科学技術大臣は「党の決議と国家の法律、政府の政策は科学技術の発展に基盤を作り出している」と明らかにし、次のように語りました。

「科学技術部門は発展事業を促進するため、断固たる措置をとる決意です。来る12月、政策移転全国会議が行なわれます。これは企業に対し、先進技術の適用、移転
技術の刷新の強化を激励するためのものです。政府は同分野に関する差し迫った問題を集中的に解決する方針です。」
ソース:VOV