16/04/2021 09:37 GMT+7 Email Print Like 0

回復しつつある国内観光

(VOVWORLD) -今年の4月30日の南部完全解放・祖国統一記念日は5月1日のメーデーと共に土日の休日と重なり4連休となります。

また、全国的には新型コロナウイルス感染症が基本的に制圧されているため、各旅行会社やホテルは様々な観光振興キャンペーンを展開しています。ホーチミン市で、ベトナム最大の旅行会社「ベトトラベル」は予約がいっぱいので、ゴールデンウイークの観光ツアーの予約の受付を中止しています。ベトトラベル社のフイン・ファン・フォン・ホアン副社長は次のように語りました。
(テープ)

「今年のゴールデンウイークに、弊社は人数が少ない観光グループを対象に様々な観光ツアーを発売しています。また、この2年間に、新型コロナの影響で海外旅行ができないため、国内旅行をする観光客の数は例年より多くなる見込みです。」

現時点で、ダナン市のほとんどの旅行会社は、国内の観光客を魅了している観光ツアーを再開しています。同市の観光協会のカオ・チ・ズン会長は、「昨年同期と比べて、ゴールデンウイークのツアーの数が急増している。」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「毎年、ダナン市は3千万人の観光客を迎えています。ダナン市は、国内観光客だけでなく、外国人観光客を迎えるための能力を十分整えています。」

ベトナムでは、新型コロナが制圧されていることから、国内の観光業は回復の軌道に乗れると期待されています。