28/01/2019 07:56 GMT+7 Email Print Like 0

各国メディア、サッカー日本VSベトナム戦を評価

24日、サッカーアジアカップ2019は準々決勝が行われ、日本代表がベトナム代表を1対0で下し、4強進出を果たしました。多くの国のマスメディアは記事を掲載し、両チームを高く評価しました。 日本の新聞「サンケイスポーツ」は、FIFA=国際サッカー連盟の論評を引用し、「FIFAは『非常にスピード感のある戦いだった』と両国の戦いに賛辞を述べた」と伝えました。 サンケイスポーツによりますと、FIFAは公式サイトで、「両者の戦いは目を離すことができないほど非常にスピードがあった。特にベトナムには感銘を受けた。彼らはグエン・コン・フオンが危険な存在となり、ゴールを目指した。一方で、日本は吉田麻也(よしだ・まや)と冨安健洋(とみやす・たけひろ)の両センターバックがそびえ立ち、ベトナムにリードを与えなかった」と、迫力のあるベトナムの攻撃、それを阻止した日本の守備を称賛しました。 また、「ベトナムは先制されてもパニックにはならなかったが、明確なチャンスを生み出せなかった」と述べました。 一方、アメリカフォックスのスポーツ中継製作部門FOXスポーツは、「ベトナムチームは自らの高い能力を証明できた」と報じています。他方、マレーシアの新聞、「スター」は、「『サムライブルー(日本)』は『金星ウォーリアー(ベトナム)』を破ったが、これはラッキーだった」としています。 ソース:VOV