04/09/2017 13:08 GMT+7 Email Print Like 0

各国の首脳、ベトナムに祝電を

(VOVWORLD) - ベトナムが9月2日の独立記念日72周年を迎えるにあたり、多くの国の指導者はベトナムの党、国家、政府、国会に祝電を送りました。 ミャンマーの大統領や、国家顧問、副大統領らは、チャン・ダイ・クアン国家主席や、グエン・スアン・フック首相、ダン・ティ・ゴック・ティン国家副主席に祝電を送り、その中で、双方が両国関係を全面的パートナーシップに格上げし、協力強化策を定めたことに喜びの意を表明しました。 一方、インドの大統領と首相はそれぞれ、クアン国家主席とフック首相に祝電を送り、「インドは両国の全面的戦略的パートナーシップと伝統的友好関係を重視し、今後もその関係が強化されていくことを望んでいる」と再確認しました。 他方、ベネズエラの大統領はクアン国家主席への祝電の中で、「ベネズエラはベトナムとの政治関係や、協力、友好を強化していきたい」意向を表明しました。 また、ドイツの大統領もクアン主席に電報を送り、その中で、両国関係の良好な発展に喜びの意を表明した上で、その関係強化に関する決意を表わしました。 韓国の大統領はクアン国家主席に電報を送り、ベトナムと共に両国関係の強化に力を入れていくと再確認するとともに、ベトナムがAPEC首脳会議2017を成功裏に主催するよう祈りました。 さらに、アメリカの大統領もクアン国家主席に祝電を送り、その中で、「私は、両国関係の強化を目指し、国家主席様と協力したい。そして、来る11月に行われる美しいベトナムへの訪問に期待をかける。ベトナムの特別な記念日にあたり、国家主席様とベトナム国民にお祝いの言葉を送り、平和、繁栄、幸福をお祈り申し上げる」と語りました。 イタリアの大統領もクアン国家主席に祝電を送りました。同大統領は、「ハノイとローマの伝統的友好は両国があらゆる分野で協力を強化することの前提となっている。これは両国の経済社会発展事業に役立つ」と語りました。 フランスの大統領はクアン国家主席宛の祝電の中で、両国関係の良好な発展に喜びの意を表明するとともに、両国間の戦略的パートナーシップ樹立5周年と国交樹立45周年を記念することへ向けて、両国関係をさらに発展させていきたい意向を表明しました。 オーストラリア総督もクアン国家主席に祝電を送り、「APEC2017の主催は、ベトナムが自国の能動的な発展を紹介するチャンスであり、そして、オーストラリアはベトナムを支援し続け、両国関係を強化していく」と強調しました。 一方、ウクライナの大統領と首相はそれぞれ、クアン国家主席とフック首相に祝電を送りました。 ソース:VOV