04/09/2017 13:12 GMT+7 Email Print Like 0

各国の指導者、ベトナムに祝電

(VOVWORLD) - ベトナムが9月2日の独立記念日72周年を迎えるにあたり、多くの国の指導者はベトナムの党、国家、政府、国会に祝電を送りました。 中国のシュウキンペイ国家主席兼党総書記はグエン・フ・チョン党書記長とチャン・ダイ・クアン国家主席に祝電を送りました。また、中国のリ・コク・キョウ首相はグエン・スアン・フック首相に、そして、中国全国人民代表大会常務委員会のチョウ・トク・コウ委員長はグエン・ティ・キム・ガン国会議長に祝電を送りました。 その中で、中国の指導者らは、「中国はベトナムとの関係の強化を重視し、ベトナムとともに、両国関係を新しい発展段階に押し上げる用意がある」と再確認しました。 一方、ラオスの国家主席や、首相、国会議長はそれぞれ、ベトナムの指導部に祝電を送り、ベトナムの貴重な支援に感謝の意を表明しました。 カンボジア各政党や、政府、国会の指導者らも、ベトナムの指導者らに祝電を送りました。その中で、「ベトナム共産党の指導のもと、ベトナムは国の建設発展事業において、さらに多大な成果を収めていく」との確信を表明しました。 キューバのラウル・カストロ国家評議会議長は、グエン・フ・チョン書記長、チャン・ダイ・クアン国家主席、グエン・スアン・フック首相への祝電の中で、「今後も両国間の特別な友好と協力関係の強化・多様化に力を入れていく」決意を表明しました。 他方、プーチン大統領を始め、ロシアの政府国会の指導者らはベトナムの指導部に祝電を送り、その中で、「両国関係は全面的・戦略的パートナーシップという精神に従って、能動的に発展している」と確認しました。 そのほか、マレーシアの首相、シンガポールの大統領と首相、タイの首相などもベトナムの指導部に祝電を送りました。特に、日本の天皇陛下もチャン・ダイ・クアン国家主席にご祝電をお送りされました。 ソース:VOV