30/10/2020 10:26 GMT+7 Email Print Like 0

台風9号、再び中部各省に人的物的被害をもたらす

(VOVWORLD) -既にお伝えしましたように、28日未明、台風9号(アジア名:モラヴェ、日本では台風18号)は中部沿海クアンナム省からフーイェン省までの沖合に接近しましたが、28日20時まで、中部各地方に上陸し、多くの被害を引き起こしています。

28日夜、クアンナム省で、チン・ディン・ズン副首相、農業農村開発省のグエン・スアン・クオン大臣、及び地方行政当局は、現地で連続して発生した土砂崩れにより55人が行方不明となった件に関し、緊急会合を行ないました。会合で、ズン副首相は、地方の行政当局と関連各機関に対し、救難救助活動に全力を尽くすよう求め、次のように語りました。

(テープ)

「まず、災害が発生した場所を早くに見つけ、捜索に集中すべきです。捜索に際し、救難隊の安全を確保しなければなりません。また、捜索・救難活動を慎重に進めながらも、急スピードで行なわなければなりません。」

一方、グエン・スアン・フック首相は、クアンナム省、ナムチャミ県で発生した土砂崩れにより下敷きになった被災者の救難を目指し、自然災害対策・捜索救難国家委員会、国防大臣、第5軍管区の司令官に公文書を送り、関係部隊と協力して、洪水被害の克服作業にあたるよう指示しました。

カインホア省の海上で事故が起こったビンディン省の漁船の救難救助活動に関して、28日午後、海軍の第4軍管区の司令部は、2隻の救助船と救助ヘリコプターを海上の救助作業に派遣しました。