10/03/2020 10:10 GMT+7 Email Print Like 0

原油先物が30%下落、サウジなど産油国の価格競争突入を懸念

9日の取引で、原油先物価格が約30%急落。米WTIは過去最大の下落率を記録する可能性があります。
サウジアラビアが原油の公式販売価格(OSP)を引き下げ、大幅増産の計画を打ち出したことを受けて、値下げ競争が始まるとの見方が浮上しています。

北海ブレント先物LCOc1は0433GMT時点で29%安の1バレル=31.98ドル。同水準にとどまれば、1日の下落率としては湾岸戦争が始まった1991年1月17日以来最大となります。一時は31.02ドルまで下げ、2016年2月12日以来の安値を記録しました。
ソース:VOV