26/07/2021 12:12 GMT+7 Email Print Like 0

南部各省、疫病対策を強化

新型コロナウイルス感染症が引き続き複雑に推移していることを受け、南部各省はその予防対策を強化するとともに、緊急措置を講じています。 24日、ホーチミン市人民委員会は公文書を出し、各区、県、町に対し、隔離規制の実施状況を厳格に管理するよう要請しました。また、集中隔離施設を監視する作業部会を発足させるよう指示しました。 同日、カントー市は市民の健康申告の義務化に関する公文書を発表しました。これによりますと、同市は首相指示第16号/CT-TTgに沿った社会的隔離措置を適用します。市民は、食料品などの生活必需品・医薬品の購入、救急・診療、ワクチン接種、工場・生産施設・サービス施設、必需品関連施設での勤務などの目的で外出することが可能ですが、それ以外の不要不急の外出は自粛しなければなりません。 一方、ドンタップ省も緊急措置をとっています。7月24日と25日の両日、省内の多くの地方で消毒作業が行われました。その中で、市場や、隔離施設、感染者が確認された地区は優先対象となりました。 ソース:VOV