27/09/2016 10:44 GMT+7 Email Print Like 0

南部メコンデルタにおける気候変動対策

26日午前、最南端カマウ省で、南部メコンデルタ地域における気候変動対策と水資源管理に関する会議が行われました。

開会演説にたった資源環境省のチャン・ホン・ハー大臣は「気候変動は南部メコンデルタ地域に深刻に脅かしてきた。その一方で、上流地域における水資源の開発は川の流れに影響を及ぼし、この地域での水資源の枯渇状態をもたらしている。」と強調し、次のように語りました。
(テープ)
「気候変動の影響により、現在、南部メコンデルタ地域は、以前のような豊富な土地でもなくなり、長期的に生計を立てることが出来ない地域となっています。ですから、私たちは、持続可能な開発に向けて、自然の恩恵に頼らずに、知識や知恵、技術を活用する必要があります。気候変動による試練から発展のチャンスへとシフトさせるべきです。」
なお、会議で、参加者らは、メコンデルタ地域に対する気候変動と海水上昇の影響について討議し、水資源の管理、干ばつや洪水、塩害に対する現状把握、気候変動対応などに関する方策を出しました。
ソース:VOV