17/02/2021 11:24 GMT+7 Email Print Like 0

南中部の漁民、新年の初水揚げを行う

(VOVWORLD) -ASEAN事務局が発表した新聞コミュニケによりますと、就任式の後、ASEANの2名の副事務総長は2021年~2024までの3年間の任期を担当します。

15日、ASEANの内部、人事、財政、情報技術、情報通信、コミュニティの関係、ASEANのパートナーとの協力プログラム担当のチャン・ドゥク・ビン副事務総長と政治・安全保障共同体担当のRobert Matheus Michael Tene 副事務総長は正式に就任しました。

ASEAN事務局が発表した新聞コミュニケによりますと、就任式の後、ASEANの2名の副事務総長は2021年~2024までの3年間の任期を担当します。

これまで、ビン氏はベトナム外務省で勤務しており、その中で、2018年~2021年までASEAN常駐大使として務めました。このように2013年~2024年までの11年連続して、ベトナムの代表がASEAN事務局に選出されてきました。