29/10/2020 09:32 GMT+7 Email Print Like 0

南ア駐在ASEAN諸国の大使ら、サミットへのベトナムの準備作業を評価

(VOVWORLD) -ベトナムはASEAN2020の議長国として、様々な活動を行っており、ASEAN共同体構築などに寄与しています。

27日、南アフリカ駐在ASEAN諸国の大使らによる会合が行われました。席上、ベトナムのホアン・バン・ロイ大使は第37回ASEAN首脳会議と関連各会合の準備作業を通知しました。その中で、サミットの議事日程や、活動計画案、上程される文献案などがあります。

ロイ大使によりますと、現在、ベトナムはその準備作業を積極的に進めています。サミットの枠内で、11月13日から15日に、11件の会合が開催されるとしています。

これに対し、南アフリカ駐在ASEAN諸国の大使らはベトナムの準備作業を高く評価するとともに、ASEAN共同体構築や、新型コロナウイルス感染症予防対策などに関し、複数の提案を出しました。