20/01/2019 16:09 GMT+7 Email Print Like 0

協同組合連盟、発展を促進

19日、ハノイで、ベトナム協同組合連盟は、今年の計画を展開し、今後の発展の強化策を討議する会議を行いました。 席上、「現在、ベトナムは1万3000の農業協同組合を含む2万2456の協同組合があるが、近年、各協同組合は持続可能な発展や、バリューチェーンによる生産の重要性を十分に認識するようになっている」との意見が相次ぎました。 会議で発言に立ったブオン・ディン・フエ副首相は、「国の経済における協同組合の役割を正しく認識したうえで、協同組合経済の発展を目指す複数の政策をとり、障壁を撤廃する必要がある」と訴えました。フエ副首相は次のように語りました。 「協同組合経済を点検し、管理に関する2つの問題を解決する必要があります。1つ目は管理が弱いこと、2つ目は管理が厳しすぎることです。今後、各協同組合が効果的に活動するかどうかを点検し、協同組合のモデルを刷新する必要があります。」 この機に、フエ副首相は、党と国家を代表して、協同組合連盟に1等労働勲章を、そして、協同組合の発展に積極的に貢献した個人に表彰状を手渡しました。 ソース:VOV