28/09/2017 11:10 GMT+7 Email Print Like 0

北部山岳地帯で、「ホアンサとチュオンサ」展示会

展示会には複数の資料や文書、現物、印刷物、そして国内外の研究者、学者が収集して、17世紀から20世紀まで出版されたおよそ100枚の地図が出展され、ホアンサとチュオンサ両群島に対するベトナムの領有権を立証しています。

26日、北部山岳地帯トゥエンクアン省で、情報通信省と同省の人民委員会と共催により、「ベトナムのホアンサとチュオンサ両群島・歴史的・法的証拠」展示会が始まりました。

展示会には複数の資料や文書、現物、印刷物、そして国内外の研究者、学者が収集して、17世紀から20世紀まで出版されたおよそ100枚の地図が出展され、ホアンサとチュオンサ両群島に対するベトナムの領有権を立証しています。

特に、展示物の中にはホアンサとチュオンサ両群島の実効支配に関して、ベトナムの最後の王朝であるグェン王朝が発行した行政文書があります。

この展示会は30日まで開かれます。
ソース:VOV