11/04/2020 09:22 GMT+7 Email Print Like 0

北朝鮮 “感染ゼロ“の中 最高人民会議を開催

朝鮮民主主義人民共和国で10日、国会にあたる最高人民会議が開催されます。
朝鮮民主主義人民共和国は、新型コロナウイルスの感染者が1人もいないと発表する一方、防疫態勢は維持していて、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が出席して、ウイルス対策などについて、何らかの方針を示すのか、注目されています。

新型コロナウイルスの感染が世界的に広がるなか、朝鮮民主主義人民共和国でも感染が広がっている可能性があるという見方がありますが、朝鮮民主主義人民共和国は、国内で感染者は1人もいないと繰り返し発表しています。


一方で、朝鮮民主主義人民共和国は、感染防止のため、およそ2か月にわたって、中国との航空便や列車を停止して、人の往来を遮断するなど、防疫態勢は維持していて、経済に影響が出ています。

こうした中、10日、最高人民会議にキム委員長が出席して、新型コロナウイルス対策や、経済の立て直しについて、何らかの方針を示すのか、注目されています。

また、去年4月の最高人民会議では、キム委員長が演説して、アメリカとの非核化交渉について方針を示していて、今回、アメリカとの関係について言及するのかどうかも、焦点の一つです。
ソース:VOV