04/09/2021 08:31 GMT+7 Email Print Like 0

労働者の寝泊りする下宿まで援助金を渡すべき=ダム副首相

(VOVWORLD) -  2日午後、ブ・ドク・ダム副首相率いる政府の特殊作業グループはホーチミン市の新型コロナ対策指導委員会と会合を行い、今後の遂行すべき任務について話し合いました。

会合でダム副首相はホーチミン市が荷送人やスーパーのスタッフの管理に際し、検査を頻繁に行い、疫病の感染拡大を防ぐとともに、サプライ・チェーンの安全性を確保すべきであると強調しました。
また、ダム副首相はホーチミン市に対し、トゥドック市の各郡、県に仕事を失い、収入がなくなった人々への援助の点検を指導するよう求めました。さらに、できるだけ、寝泊りしている労働者までに手渡さなければならないとしています。

そして、新型コロナ対応に尽力しながらも、新学年の準備に特別な関心を寄せ、具体的な解決策を講じるべきであると強調しました。