25/11/2021 11:45 GMT+7 Email Print Like 0

共通の未来のためのASEANと中国の相互協力

中華人民共和国の習近平国家主席の招きで、ファム・ミン・チン首相がベトナム代表団を率い、ASEANの指導者と中国の習近平総書記が2021年11月22日にオンライン形式で中国ASEAN関係樹立30周年記念日(1994年~2021年)を祝う特別サミット会議に出席しました。
この会合は双方の各国首脳が過去30年間のASEANと中国の協力を評価し、関係を実質的に深め、新しい時代の重要な方向性を定める機会であり、第24回ASEAN・中国年次首脳会議(2021年10月26日)で設立されたばかりの包括的戦略的パートナーシップに准じています。

ベトナムは引き続きASEANと中国の関係の発展を促進
ASEAN各首脳は習近平総書記が初めてASEAN・中国首脳会談に出席したことを高く評価し、二国間関係の強化とともに、ASEANに対する中国の最上級の指導に関心と敬意を示しました。
1991年以降に達成された重要な成果を歓迎し、双方はASEANと中国の関係を相互に有益でダイナミックかつ実質的なパートナーシップの一つとして評価しました。
ASEANと中国による包括的戦略的パートナーシップの樹立発表は、過去30年間にわたる双方の包括的協力によって達成された重要な結果からすれば明らかです。

中国の総書記兼国家主席はASEANと中国の関係の強力で前向きな進展を高く評価し、中国が常にASEANを重視し、ASEANを支援する外交政策の核心とし、ASEANが中心的な役割を果たし、地域および世界におけるアセアンの役割と地位を支持していることを強調しました。

2021年11月22日の朝、オンラインによるASEAN・中国関係樹立30周年を祝う特別サミットに出席するファム・ミン・チン首相とASEANおよび中国の指導者。写真:ラム・クアン/ VNA




ハノイのミーティングポイントからASEAN・中国関係樹立30周年を祝う特別サミットに出席するファム・ミン・チン首相。写真:ラム・クアン/ VNA


ASEAN・中国の関係樹立30周年を祝う特別サミットで講演するファム・ミン・チン首相。
写真:ラム・クアン/VNA
中国の習近平書記長兼大統領は将来のASEANと中国の関係を決定する三つの主要な要素、すなわち政治的信頼、友好の精神、中国との協力を強調しました。
中国はASEANと共に平和、安全、美、友情の5つの側面で共通の家を建てる協力を強化したいと考えている。


中国は引き続きASEANと協力して、新型コロナ感染症の流行に対応し、地域の流行に共同で対応するための「医療シールド」イニシアチブを推進し、患者に接種するワクチンを1億5000万回分を追加支援します。また新型コロナ感染症に対応するためのASEAN基金にさらに500万米ドルを寄付し、技術移転の促進、ワクチン製造における協力、必須治療薬の研究開発、ヘルスケアの能力構築の支援、将来の病気の発生への対応を行います。

習近平総書記は国連の枠組みの中で中国が提案したグローバル開発イニシアチブを推進し、このイニシアチブはASEAN共同体の構築プロセスを補完し、ASEANの発展に貢献し、持続的に回復・発展するための世界、地域の取り組みに貢献すると述べました。

地域的および国際的な状況について議論し、加盟国は共同で南シナ海を平和、安全、安定および協力の海域に構築することに合意しました。

その上で、加盟国は信頼を築き、1982年の海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)を含む国際法を尊重し、平和的手段によって紛争を解決することの重要性を強調しました。

各国は南シナ海行動宣言(DOC)を完全かつ効果的に実施し、国際法およびUNCLOS1982に従って効果的かつ実質的なCOCの構築を推進することを約束しました。

ベトナムのファム・ミン・チン首相は会議で、ASEANと中国が合意したばかりの包括的戦略的パートナーシップの枠組みは政治的信頼、友好的で包括的な協力、相互尊重と理解に基づく過去30年間の協力の成果の証であると断言しました。
首相はまた、将来を見据えて、ASEANと中国は引き続き戦略的信頼を強化し、包括的な協力を促進し、成果を倍増させ、より高い目標と利益に向けて前進する必要があると主張しました。
 
この地域、特に南シナ海の平和、安全、安定を確保するためには、各国が対話と信頼を強化し、国際法を遵守し、責任を持って行動する必要があると強調しました。 DOC宣言の完全な実施のためにさらに努力し、国際法とUNCLOS1982に従って、効果的かつ効率的なCOCを早期に構築することの重要性を主張しました。
 
ファム・ミン・チン首相は中国との良好な近隣性、友好、伝統的な協力に基づいて、ベトナムは引き続きASEANと中国の関係の発展に適切な範囲で貢献に努め、地域と世界の平和、安全、安定、協力、持続可能な開発の強化に貢献し、すべての国民の幸福のために各国に実際的な利益をもたらし、誰も取り残さないることを確認しました。


会議の終わりに、ASEANと中国の首脳はASEANと中国の関係樹立30周年特別首脳会議で合意した平和、安全、安定、繁栄および持続可能な開発のための包括的戦略的パートナーシップに関する共同声明を採択しました。
ASEAN・中国:実質的な関係の深化
過去30年間、ASEANと中国の関係はすべての分野で強力に、包括的にそして実質的に発展してきました。中国は常に、この地域および世界におけるASEANの役割と立場を重視することを確約し、ASEANが地域において中心的な役割を果たすことを支援してきました。

2021年11月22日、ベトナム代表団を率いて、ASEAN首脳、中国の習近平書記長兼国家主席とともにオンラインで開催されたASEAN・中国関係樹立30周年(1991年~2021年)を祝う特別サミットに出席するファム・ミン・チン首相。写真:ラム・クアン/ VNA

 
2021年11月22日にオンラインで開催されたASEAN・中国特別首脳会談で、マレーシアは南シナ海問題の解決において、変わらぬ立場を強調し、国際法の役割を支持することを確認するマレーシアのイスマイル・サブリ・ヤアコブ首相。
写真:マイン・トゥアン/マレーシアのレポーターVNA


ASEANと中国の関係樹立30周年を祝う特別サミットに出席するファム・ミン・チン首相。写真:ラム・クアン/ VNA


ASEANと中国は1991年に関係を樹立し、2003年10月に戦略的パートナーシップに格上げした。 ASEAN・中国戦略的パートナーシップ15周年サミット(シンガポール、2018年11月)は、ASEAN・中国戦略的パートナーシップ2030のビジョンを採択した。
中国は地域協力プロセスにおけるASEANの中心的役割と連帯への支持を確認し、ASEANが世界の多国間フォーラムでより大きな役割を果たすことを支持しました。中国は東南アジア友好協力条約(TAC)に加盟した最初のASEAN対話パートナー国です。

2020年には、新型コロナ感染症流行の影響を受けたにもかかわらず、ASEANと中国の間の双方向の貿易売上高は5,169億米ドルに達しました。中国からASEANへの直接投資(FDI)は、2020年に76億米ドルに達しました(ASEANへのFDI投資の4番目に大きい投資額)。

社会文化に関しては、ASEANと中国は健康、教育、文化、労働、社会保障、環境、メディア、若者、貧困削減などの分野での協力を優先しています。特に、ASEANと中国の教育における協力は重要な協力分野であり、このことは若者の交流を促進し、ASEANと中国の人々をつなぐのに役立つ効果的な方法です。
現在、ASEANと中国の間の優先事項は経済活動と貿易活動を回復するための努力を強化することです。双方は積極的に協力してASEAN・中国自由貿易協定(ACFTA)を効果的に実施し、双方の企業が貿易と投資を交換し、中小企業を支援するための有利な条件を作り出し、パンデミックの影響を克服します。
中国は全体的な回復フレームワーク(ACRF)、デジタル経済開発、2021年の協力をテーマにした持続可能な開発に関する協力、グリーン成長、海洋環境保護、予防の実施、自然災害の防止および緩和などの問題においてASEANを支援することを確約しました。


文、写真:ベトナム通信社、ベトナムフォトジャーナル

他の記事