28/02/2018 09:02 GMT+7 Email Print Like 0

共産党宣言 今日的価値を維持

ベトナム共産党は、「共産党宣言」を基礎としたマルクス・レーニン主義とホーチミン思想に基づいて、ベトナム人民を多くの勝利へと指導してきました。

26日午前、ハノイで、ホーチミン国家政治学院はベトナム共産党中央宣伝教育委員会・中央理論評議会・社会科学アカデミーと協力して、「共産党宣言・今日における理論的・実践的価値」と題する国際シンポジウムを行いました。シンポジウムには、ベトナム・ラオス・ロシアの学者や研究者が多数参加しました。

シンポジウムの開会式で挨拶に立った党中央宣伝教育委員会のヴォ・ヴァン・トゥアン委員長は、170年前に初めて出版されたマルクスとエンゲルスの共著「共産党宣言」は、国際共産主義運動に画期的な変化をもたらしたと明らかにしました。また、ベトナム共産党は、「共産党宣言」を基礎としたマルクス・レーニン主義とホーチミン思想に基づいて、かつての民族解放事業と今日の建設防衛事業においてベトナム人民を多くの勝利へと指導してきたと強調しました。

なお、『共産党宣言』は、1848年にマルクスとエンゲルスによって書かれた書籍で、共産主義の目的と見解を明らかにした最初の綱領的文書とされています。
ソース:VOV