16/09/2018 13:19 GMT+7 Email Print Like 0

全国職業訓練コンテスト 開幕

15日午前、ハノイで、労働傷病軍人社会事業省の主催の元で、全国職業訓練コンテストが開幕しました。3年ごとに行われるこのコンテストは、職業訓練分野の競争運動を促進させると共に、職業訓練の教育方法や効果的な設備使用などを改革するのが狙いです。 開幕式典で発言にたった労働傷病軍人社会事業省のレー・クアン次官は、教師の大きな役割を強調し、次のように語りました。 「質の高い人材に関する社会のニーズに応えるため、職業訓練分野に携わっている教師たちは、自らの能力をさらに高めると共に、教え方を絶え間なく改革しなければなりません。今回のコンテストを通じて、教師たちが改革の意識をさらに高めることを期待しております。これにより、職業訓練を受けた人が益々増えるでしょう。」 なお、今回の全国職業訓練コンテストには、職業訓練施設244ヶ所から373人の教師が参加し、90の部で競い合います。 ソース:VOV