12/02/2019 14:19 GMT+7 Email Print Like 0

全国各地で、テト明け植樹運動

ベトナムでは、旧正月テト明けに、全国各地で一斉に植樹運動を行う習慣があります。

11日午前、北部ソンラ省の各機関や組織などは、300本以上の各種植物を植えました。この活動は、植樹造林による利益について認識を高めると同時に、グリーン・クリーン環境の確保に寄与することが狙いです。

一方、山岳地帯ラオカイ省では、植樹活動が始まりました。省内にあるオフィス、民家、公共の花壇の周辺や、道路の両側、そして川沿いなどに約40万本の木を植えることになっています。

また、同11日、フート省にあるフン王の史跡地区では、植樹運動が開始しました。今年、同省は、約50万本の各種植物の植樹、及び859ヘクタールの造林を行う予定です。
ソース:VOV