14/10/2019 10:01 GMT+7 Email Print Like 0

党中央委の通知

すでにお伝えしましたように、12日午後、ハノイで、第12期ベトナム共産党中央執行委員会の第11回総会が6日間の議事日程を終え、閉幕しました。
党中央委の通知 - ảnh 1 閉幕式で発言に立ったチョン党書記長=dangcongsan.vn
同日、ベトナム共産党第12期中央執行委員会は通知を発表し、その中で、10月7日から12日までハノイで開催された中央委員会の第11回総会の内容を紹介しました。
これによりますと、今総会では、第13回党大会に上程される文献や、2019年の経済社会・国家予算に関する報告、2020年の経済社会発展計画案と予算案などが討議されました。
第13回党大会に上程される文献には、社会主義への過渡期における国の発展に関する綱領の10年間の実施状況を総括する報告、2011∼2020年期における経済社会発展10年か戦略の実施に関する報告や、2021∼2030年期の発展戦略案、2016年から2020までの5か年計画の実施状況に関する報告、党建設事業と党条例履行状況に関する報告案などがあります。
党中央委員会は、委員らの意見をまとめ、これらの報告案と戦略案に盛り込むとしています。党政治局や、書記局、中央委員会は、2019年の経済社会・国家予算に関する報告、2020年の経済社会発展計画案と予算案,2020∼2022年期の財政計画案なども討議しました。
人事問題に関し、今総会で、党中央委員会は、第12期中央検査委員会の補充選挙を行い、4人の委員を選出するほか、党の規定に違反した第10期中央委員会のグエン・バク・ソン委員と第12期中央委員会のチュオン・ミン・トゥアン委員の党からの除名を決定しました。
党中央委員会は、全党、全軍、全国民に対し、国の独立・主権・領土保全、経済社会発展事業、各レベルの党委員会大会の成功のために、全力を挙げて、団結して、あらゆる困難も乗り越えるよう呼びかけました。
ソース:VOV