08/04/2016 15:14 GMT+7 Email Print Like 0

伝統的なガラス細工

簡単な道具から、ベトナムのハノイのトゥオンティン県のトンニャット村の人々は、ガラスの瓶、電球などの多くの製品を作った。
1960年、ガラス細工はトンニャット村の主な職業であった。その中、ザップロン村が一番発展し、多くの熟練工が育ち細かな製品を作ることができた。


ハノイのトゥオンティン県のトンニャット村で作られるガラス製品


長年に渡りトンニャット村の伝統的なガラス工芸は、今も継承されている。


宙吹きをしている職人


吹きガラス細工は職人の集中力が必要である。


Trang trí các hoa văn và đường viền cho sản phẩm.


出来上がった製品


一人の職人は1日に数百の製品を作る。


ハノイのトンニャット村の主に作られている製品はランプである。


完成品

職人であるティエンさんによると、良い製品を作るためには、タイミングを理解することが必要である。炉に入れたばかりのガラスは青色で、白くなったガラスを吹くと、ガラスは想いのままに形を作ることができる。

消費者の需要は次第に高くなり、伝統工芸だけでなく医療機関で多く使用されるPhilatop管の生産をするようになり、この数量は多い



多くの家族は機械に投資をして、ガラス製品を作った。


手で単純のガラスの棒を作る。


その後、そのガラスの棒は高熱で熱せられ形成される。

機械による生産力は20人から30人分の生産能力に相当する。

ハードな上、他の伝統工芸に比べ収入は低い。それでもトンニャット村の人は毎日ガラス製品を作り続け工芸の灯を絶やさず守り続けるトゥオンティンのトンニャット村の人々は努力し、ガラス吹き工を維持している。
 
文:クイン・アイン
撮影:コン・ダット