25/05/2018 10:02 GMT+7 Email Print Like 0

仏教協会、党、国家と仏教徒との架け橋

釈迦の誕生を祝う潅仏会2018にあたり、24日、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のハウ・ア・レイン副議長兼事務局長はベトナム仏教協会管理委員会副委員長のティック・バオ・ギエム和上の元を訪れ、お祝いの言葉を述べました。

席上、レイン氏はティック・バオ・ギエム和上をはじめ、仏教の聖職者や国内外の仏教徒に潅仏会を楽しむよう祝うとともに、民族団結の強化に貢献することを要請しました。また、ベトナム仏教協会とギエム和上は党、国家、祖国戦線と国内外の仏教徒との架け橋としての役割を果たし、『仏教・民族・社会主義』という方針に従って、引き続き発展していくよう希望を表明しました。

なお、ベトナム仏教協会は国連ウェーサーカ祭2019を主催し、準備作業を積極的に行っています。
ソース:VOV