19/07/2018 10:03 GMT+7 Email Print Like 0

今年上半期のFDI総額、200億米ドルを超える

今年上半期、ベトナムへのFDI=外国直接投資総額は200億米ドルを超え、昨年同期と比べ5%増となっています。

現在、87の国と地域はベトナムで投資プロジェクトを実施しています。その中で、ベトナムへのFDI総額の31%を占める日本は一位に、韓国とシンガポールが次いでいます。現在は新たな投資誘致方法が導入されています。経済専門家のグェン・ミン・フォン博士は次のように分析しています。

「ベトナムの国際市場とグローバル・バリューチェーンへの参入は遅れていますが、正しい方向に沿って進んでいます。こうした状況の中で、ベトナムにFDIを行う企業は、ブランド力のある企業や、高い付加価値のある製品を提供でき、または、ベトナムに移転する用意がある企業でなければなりません。同時に、ベトナムは、それらの投資を受け入れる可能を持たなければなりません。この精神で、さらに投資振興活動をプロ化させる必要があります。」
ソース:VOV