23/07/2018 10:57 GMT+7 Email Print Like 0

中部高原地帯の生物多様性に関するシンポジウム

ベトナムは生物多様性の保護、生態系保存、環境保全を重視しています。

21日、中部港湾都市ダナンで、同市科学技術連合会や、生物多様性保存センター(Green Viet)、人間と自然センター、ダナン大学の環境と生物資源研究グループの共催により、中部と中部高原地帯テイグエン地方の生物多様性の保存・発展に関するシンポジウムが行われました。

「国立公園と自然保護区での観光発展に関する経験」をテーマにしたこのシンポジウムには、各国家機関、研究所、社会団体、大学、企業の代表、及び、国内外の専門家らが参加しました。これは、関係者らがエコツアー開発や、生態系の持続可能な保護・発展、国立公園と自然保護区の管理などに関する経験を交換する場と見られています。
ソース:VOV