10/01/2016 09:26 GMT+7 Email Print Like 0

世銀グループ、TPPでベトナムの経済成長率が10%と予測

先ごろ、WBG=世界銀行グループは「グローバル経済展望」に関する報告書を発表しました。その中で、「TPP=環太平洋経済連携協定はベトナムや、日本、マレーシアに新しい経済原動力をもたらす」と指摘しています。

特に、「2030年前に、ベトナムの経済成長率は10%に達し、TPP加盟諸国の中で最も高い数字となる見通しである」と予測しています。その原因について、WBGは「これは、ベトナムの繊維製品や工業製品などがアメリカをはじめ世界の大きな市場に大量進出できるようになった結果である」と分析しています。

なお、WBGはIBRD=国際復興開発銀行や、IFC=国際金融公社、IDA=国際開発協会、MIGA=多数国間投資保証機関、ICSID=国際投資紛争解決センターの5つの機関から構成されるものです。     
ソース:VOV