11/01/2019 09:51 GMT+7 Email Print Like 0

世界遺産ハロン湾の環境保護を強化

9日午後、ベトナム北部港湾都市ハイフォンで、IUCN国際自然保護連合は、ベトナムの関連各省庁や現地行政府との会合を行い、世界遺産ハロン湾の観光管理とゴミ処理について話し合いました。

会合で、国際自然保護連合は、企業にハロン湾の環境保護への参加を働きかけるためのアイデアを紹介すると共に、ハロン湾と、ハイフォンの沖合いにあるカットバ諸島を含む世界遺産再申請書類の処理過程について情報を提供しました。これに基づき、ベトナムは2019年に、カットバ諸島を含むハロン湾の世界遺産再申請をユネスコに提出する予定です。ユネスコベトナム委員会のマイ・ファン・ズン事務局長は次のように語りました。

(テープ)

「ハロン湾の長期的な保護・開発計画を立てなければなりません。保存すべき地帯とその周辺地帯を明確にした上で、保全作業計画をきちんと立てなければなりません。また、環境や観光などの面で、科学的な調査・研究を行った上で、この世界遺産の保護・開発政策を立てる必要があります。」
ソース:VOV