05/01/2021 09:25 GMT+7 Email Print Like 0

世界経済への参入、2020年の対外活動の際立った成果

(VOVWORLD) - 先頃、新年にあたり、ブイ・タイン・ソン外務副大臣は記者団のインタビューに応え、「世界経済への参入は2020年の対外活動の際立った成果である」と強調しました。

ソン副大臣によりますと、2020年、ベトナムは多くの困難や試練を乗り越え、開発事業と対外分野で目覚しい成果を収め、国際社会の高評を得ました。また、世界経済への参入は重要な進展を達成し、対外活動の際立った成果となり、各国との経済連結の強化や外部からのリソースの活用に貢献してきたとしています。

また、2020年の初めから、ベトナムはEU=欧州連合と双方の自由貿易協定の批准を済ませ、8月1日に、この協定を発効させました。今年のベトナムの輸出入総額は5400億ドルを超え、その中で輸出超過額は190億ドル以上となりました。また、2020年末に、ベトナムはイギリスとの自由貿易協定を締結しました。

さらにベトナムはASEAN2020議長国として活躍し、第37回ASEAN首脳会議でASEAN加盟諸国とパートナー国とのRCEP=東アジア地域包括的経済連携協定の締結が図られました。これにより、ASEANの中核的な役割とASEAN2020議長国としてのベトナムの役割が高く評価されました。

そして、ソン副大臣は2021年に入り、ベトナムは2020年の成果を基礎に、成長目標の達成、全面的な刷新、着実な発展に全力を尽くしていく決意であると強調しました。