11/04/2020 09:22 GMT+7 Email Print Like 0

世界の死者9万人超す 新型コロナ

アメリカのジョンズ・ホプキンズ大の集計によりますと、新型コロナウイルス感染症による死者が9日、世界全体で9万人を超えました。
7日に8万人を上回ったばかりでした。数日ごとに1万人以上増える状態が依然として続いており、被害拡大が下火になる気配は見えていません。感染者は9日、世界全体で150万人を超えました。

新型コロナウイルスで死亡した人が世界で最も多いイタリアでは9日、死亡した医師が100人を超え、医療従事者を感染からどう守るかが大きな課題となっています。

アメリカ国内の死者は合わせて1万6478人で、イタリアに次ぎ世界で2番目に多いです。感染者数は世界最多で46万人に上っています。

ロシア政府は9日、新型コロナウイルスの感染者が累計で1万人を超えたと発表しました。1日としては過去最多の1459人が感染、新たに13人が死亡しました。

中国国家衛生健康委員会は10日、新型コロナウイルスの新たな感染者数が減少したと明らかにしました。特に、感染拡大第2派を引き起こすことが懸念されていた海外から持ち込まれたケースや無症状の感染者が減少したということです。

WHO=世界保健機関は9日、一部アフリカ諸国で新型コロナウイルスの感染拡大が向こう数週間でピークに達する恐れがあるとし、新型ウイルス検査を直ちに拡大させる必要があるの認識を示しました。
ソース:VOV