09/04/2020 09:32 GMT+7 Email Print Like 0

世界の新型コロナ感染者、135万人超す 死者は7万4000人超

感染者数が36万人以上と最大のアメリカでは死者数が1万人を超えました。
アメリカのジョンズ・ホプキンズ大の集計によりますと、新型コロナウイルスの感染者数は日本時間7日夜の時点で累計135万人を上回りました。死者は7万4000人を超え、すでに回復した人は28万人を上回りました。感染者数が36万人以上と最大のアメリカでは死者数が1万人を超えました。

世界で最も多い1万5000人を超える死者が出ているイタリアでは、ことし1月末に緊急事態宣言が出されました。先月10日からは全土で外出制限を始めたほか、あらゆる集会も禁止していて、違反した場合、罰金が科されます。

ドイツでは、緊急事態宣言はこれまでのところ出ていませんが、憲法にあたる「基本法」に緊急事態条項が設けられています。この規定では、第2次世界大戦の際に、同種の規定がナチスによって乱用されたことを教訓に、政府が単独で緊急命令を出すことを認めないとしているほか、いかなる非常時にも政府の措置が立法と司法のコントロールのもとに置かれる仕組みになっています。

中国国家衛生健康委員会は8日、中国本土で7日に新たに確認された新型コロナウイルス感染者は62人と、前日の32人のほぼ2倍に増え、3月25日以来の高水準になったと発表しました。

朝鮮民主主義人民共和国は、新型コロナウイルスの感染者が報告されていない数少ない国の1つですが、引き続き検査を実施し、500人超に隔離措置を取っています。
ソース:VOV