22/07/2021 09:03 GMT+7 Email Print Like 0

世界の復興支援策、クリーンエネルギーには2% IEA

(VOVWORLD) -国際エネルギー機関(IEA)は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、各国がまとめた復興支援策を分析したところ、総額の約2%しかクリーンエネルギーに向けられていないことが分かったと公表しました。

その結果、世界の二酸化炭素(CO2)の排出量が2023年に過去最高になり、その後も増え続ける可能性が高いといいます。

IEAによりますと、新型コロナからの景気回復のために、世界では16兆ドル以上の支援策がまとめられました。多くは家計や企業への資金支援に充てられ、クリーンエネルギーへの移行に充てられたのは3800億ドルにとどまりました。IEAは温暖化対策の国際枠組みである「パリ協定」の目標達成には年間1兆ドルの投資が必要としています。

世界の温暖化ガス排出が実質ゼロになるシナリオに比べ、排出は23年時点で35億トン上回ります。先進国では必要な投資額の6割に達している一方、途上国では2割程度と地域によってもばらつきがあります。ビロル事務局長は声明で、今世紀半ばまでの排出ゼロに必要な金額に及ばないだけでなく、「世界の排出量が過去最高になるのを防ぐのにも十分ではない」と主張しました。