03/07/2018 09:35 GMT+7 Email Print Like 0

上半期における経済社会状況

7月2日、ハノイで、グエン・スアン・フック首相は各地方の代表とともに、全国テレビ会議を行い、今年上半期の経済社会状況を評定し、下半期の計画の展開を討議しました。

席上、フック首相は、インフレ抑制や、マクロ経済の安定、すその産業開発、民間経済発展、行政、経営投資環境改善、社会安全保障など18の問題を取り上げました。フック首相は、「上半期の経済社会状況は引き続き好転し、全面的に発展している」とし、次のように語りました。

(テープ)

「世界銀行は、ベトナム経済成長率は6・8%に達し、インフレ率が4%にとどまると予測しています。また、フィッチ・レーティングスはベトナムの経済発展速度を高く評価しています。これは客観的な評価ですが、現実化させるためには、我々の努力が求められます。」

今後の問題点に関し、フック首相は、自然災害を指摘した上で、各地方、機関に対し、予防対策を強化していくよう要請しました。
ソース:VOV