05/07/2019 12:10 GMT+7 Email Print Like 0

ロンアン省と独のライプチヒ市間の協力強化

ドイツのライプチヒ市の指導者の招きに応え、6月26日から7月3日にかけて、南部ロンアン省のファム・バン・ラン人民評議会議長率いる作業グループは、ドイツを訪問しました。
2日、ライプチヒ市で、ロンアン省とライプチヒ市の代表は、両地方間の貿易、投資の振興、経済、科学技術、文化、人材育成、公的管理などの分野での協力強化に関する覚書に調印しました。

調印式で発言に立ったライプチヒ市のアルブレヒト副市長は「この覚書の調印は、ライプチヒ市とロンアン省に多くの新たな協力のチャンスを切り開くだろう」との希望を表明しました。

一方、ラン議長は「双方が、得意分野において協力を強化すると同時に、ロンアン省は、ロンアン省に進出しようとするライプチヒ市を始めとするドイツの投資家、企業経営者に最も有利な条件を作り出す」と強調しました。
ソース:VOV