17/02/2021 11:24 GMT+7 Email Print Like 0

ロシア産ワクチン、有効性91%と確認 注目されるその効果は

(VOVWORLD) -欧米諸国や中国などが新型コロナウイルスのワクチン開発を競う中、ロシア国産のワクチンについて最新の臨床試験(治験)で9割を超す有効性が確認されました。

国際的にワクチン不足が続く状況で急速に関心が高まりますが、どこまで効果があるのだろうか。

「この場を借りてロシアの成功を祝いたい。全人類にとって良いニュースだ」

5日、訪露中の欧州連合(EU)のボレル外務・安全保障政策上級代表(外相)がラブロフ露外相と臨んだ記者会見でした。反体制派指導者ナワリヌイ氏の収監決定などを巡り緊迫した雰囲気が漂う中、ロシアのワクチン「スプートニクV」に関する質問が出ると、ボレル氏の声が弾みました。

この3日前、約2万人が参加したスプートニクVの最終段階の治験で91・6%の有効性が確認されたという中間結果が英医学誌「ランセット」に公表されました。60歳以上でも同様の有効性があり、重い副作用は確認されず、接種を受けた後に発症した場合でも重症化した事例はなかったといいます。(https://mainichi.jp/)