14/10/2019 10:01 GMT+7 Email Print Like 0

ロシアの科学者、ベトナムの領有権を認める

トロフィムチュック議長は、「ベトナムは東部海域(いわゆる南シナ海)に対する自国の領有権に関する証拠が十分に持っている」と確認しました。
ロシアの科学者、ベトナムの領有権を認める - ảnh 1  トロフィムチュック氏=TTXVN
11日付のロシアのウエブサイト「レアルトリビューン」はアジア・ヨーロッパ科学研究補助基金所属専門家評議会のグリゴリ・トロフィムチュック議長がベトナム中部港湾都市ダナンにあるホアンサ群島に関する展示室を見学した後に執筆した記事を掲載しました。
その中で、トロフィムチュック議長は、「ベトナムは東部海域(いわゆる南シナ海)に対する自国の領有権に関する証拠が十分に持っている」と確認しました。
トロフィムチュック議長は、「ホアンサ群島に対するベトナムの領有権を証明する現物・資料を自分の目で見て、強い印象がある」とし、「これらの現物・資料は数世紀前から出されたもので、高い説得力がある」と強調しました。また、ベトナム東部海域を研究する学者らに対し、「できるだけ早く、ダナン市にあるホアンサ群島に関する展示室で、この海域に関するシンポジウムを開催するよう」提案しています。
ソース:VOV