21/01/2021 10:45 GMT+7 Email Print Like 0

ロシア、国産ワクチン大規模接種を開始

(VOVWORLD) -ロシアは18日、新たに全国的なロックダウン(都市封鎖)を実施することなく新型コロナウイルスの流行を終わらせるため、国産ワクチンの大規模接種を開始しました。

極東の都市ウラジオストクでは18日朝、ロシア製ワクチン「スプートニクV」の接種を受けようと住民たちが列をつくりました。ウラジーミル・プーチン大統領は先週、ロシアの全国民1億4600万人にワクチンが行き渡るよう政府高官らに指示していました。

ロシアの新型ウイルス累計感染者数は18日時点で350万人以上と、世界で4番目に多いです。

しかし低迷する経済を支えるため、新たなロックダウンの導入よりも、国民への迅速なワクチン接種による流行収束に希望を託しています。

首都モスクワのアナスタシア・ラコバ副市長は、モスクワの人口1200万人のうち、これまでに19万人がワクチン接種を受けたと明らかにしました。

市内の主要な場所に接種施設が設置されており、希望すれば誰でもワクチン接種を受けられます。

AFP記者によりますと、クリスマスの飾り付けがまだ残るモスクワのグム百貨店で18日、ワクチン接種を受けようと約50人が並んでいました。

しかし、ロシアはワクチンに対する国民の疑念を晴らさなければいけません。最近の世論調査によりますと、ワクチンの接種を考えているロシア人は、わずか38%でした。