02/06/2021 10:36 GMT+7 Email Print Like 0

レー・ティー・クエン 70歳のアオザイ職人

30年以上も前からハノイ旧市街の人々は銀髪の老婦人と馴染みで、古いミシンで丁寧に縫い合わせて作った彼女のベトナムのアオザイは国内外の客にとても愛されています。70年以上もアオザイを仕立てる仕事に携わってきたハノイ市ルオン・ヴァン・カン通り23号に住むレー・ティー・クエン(LeThi Quyen)さんは、ハノイ市タイン・オアイ郡チャック・サー村の伝統的なアオザイ縫製技術をずっと守り続けてきました。
2世紀にわたる縫製店の秘密
1990年代初頭、レー・ティー・クエンさんと彼女の夫はハノイ市ホアン・キエム地区ルオン・ヴァン・カン通りに「ヴィン・チャック」という最初のアオザイ縫製店を開きました。

30年以上にわたり、多くの現代的なアオザイの店がハノイの中心街に誕生しましたが、クエンさんの小さくてシンプルな縫製店は今でも午前8時から夜遅くまでお客を迎えています。

クエンさんの顧客は、ベトナム人をはじめ、ベトナムに来た外人旅行客、ベトナムに住んだり仕事をしている外国人、さらには「最も気難しい」と言われるハノイの顧客まで多種多様です。特に、彼女はアオザイを縫って日本、韓国、イギリス、フランスなどに送る注文を多く受けていますが、これは普通のアオザイ店にはないものです。


70年近くベトナムのアオザイのスタイルやデザインの変化を目の当たりにし、常に学び続け、昔のノースリーブのアオザイ
長袖のアオザイ、ハイカラーのアオザイから現代的なアオザイまで縫うことができるレー・ティー・クエンさん。



何十年もの間、毎日朝8時から深夜まで開いている
ルオン・バン・カン23にあるクエンさんの縫製店。



あらゆる生地でアオザイの縫製を専門とするクエンさんの小さな縫製店。


あらゆる生地でアオザイの縫製を専門とするクエンさんの小さな縫製店。


伝統的なアオザイから現代的なものまで展示され、多くの常連客が定期的に訪れる彼女の店。

多くの客がクエンさんのアオザイを仕立てる店に戻って来る共通の理由は「アオザイの針や糸はすべてクイエンさんが手入れし、すべて手作業で縫っている」ということです。

レー・ティー・クエンさんによると、アオザイを手で縫うことでアオザイは「魂がこもった服」になります。それは、彼女の故郷であるチャック・サー村のアオザイを縫う特別な技術とノウハウでもあります。したがって、縫製店「ヴィン・チャック」の各アオザイは、着る人の寸法にぴったりと合うように微調整されているのです。小さなお店ですが、昔ながらの定番モデルから現代的なモデルのアオザイまで顧客の要望に対応できるので、お客様はいつも「満足」しています。縫製店が生き残り、2世紀に渡って続くのは、クエンさんが日々社会の傾向と顧客心理の把握に努めてきたからです。
70年以上もこの仕事を続け、ベトナムのアオザイのスタイルとデザインの変化をこの目で見て来ているので、彼女は伝統的なノースリーブ、長袖のアオザイから革新的なアオザイまで縫うことができます。しかし、彼女の店に戻って来る顧客は、ほとんどの場合、伝統的なドレスを注文します。

今日では、縫製産業全般、特にアオザイの仕立てには多くの工程に機械が使われていますが、クエン女史はアオザイを手作業で作る工程を可能な限り維持しようとしています。
家内工業の伝統を守る人

現在、80歳近くになっているにもかかわらずクエンさんが自分で採寸、裁断、スレッド、ステッチするのを見た客は彼女の器用さと創意工夫にいつも驚いています。 「数多くの年月、アオザイを縫う仕事をしてきたので手が血に染まりました。私の目が澄んでいて、手が動く限り、私はこの仕事を続けますよ」と力強く語りました。
今日では、生地と縫い糸の品質が向上したおかげで、アオザイの縫製がはるかに簡単になりました。しかし、昔は針、糸、生地が今ほど良くなかったため、アオザイを縫う仕事の辛い思い出を今でも忘れられません。アオザイを縫う度に手を針で刺し、穴だらけになって血に染まったことを。「でも、お客さんが自分の作ったアオザイを着て、ぴったりだととても嬉しいです。私の店に10年近い常連客の老夫婦がいます。二人の誕生日や記念日ごとに自転車で私の店に来て、アオザイを注文してくれます」と職業の喜びについて語りました。

がいます。二人の誕生日や記念日ごとに自転車で私の店に来て、アオザイを注文してくれます」と職業の喜びについて語りました。
 

まだ眼鏡なしで針を通すことができるクエンさん。


「私の家族は4世代アオザイ作りをしています。私は12歳の時から
父に続きハノイでアオザイを仕立ててきました」と語るクエンさん。



彼女が今でも使用している数十年前のアンティークのバタフライブランドのミシン。


かがり縫いを除き、採寸から生地の裁断、縫製まで、すべて手作業を行なうル・ティ・クエンさん。

針で手縫いの工程。


80歳以上だが野菜を摘むのと同じくらい簡単に針に糸を通したり、採寸でき
最も美しいアオザイはすべての針糸に気を配らなくてはならないと語るクエンさん。
レー・ティ・クエンさんはハノイ市ウン・ホア郡チャック・サー村でアオザイの縫製をしている4世代家族の4代目です。戦後、彼女の家族全員がハノイに移り、アオザイの仕立て屋として働き始めました。

クエンさんは12歳の時から、客のアオザイを縫う父親についてハノイの街を歩き回りました。家族の血を引き、器用で機敏なクエンさんはすぐに完全なアオザイを自分で縫うことができるようになりました。
そして彼女は正式に父親の後を継ぎました。70年以上もこの仕事を続け、人生の多くの浮き沈みを経験したクエンさんはノースリーブのアオザイ、長袖のアオザイ、流行のハイカラーのアオザイからロングのアオザイ、刺繍生地のアオザイまでベトナムのアオザイの多くの変化を目にしてきました。

彼女にとって、アオザイは単なる衣装ではなく、家族の伝統ある神聖な価値観です。旧市街の中心部にある彼女の家族の縫製店「ヴィン・チャック」は、国の伝統工芸の継承と振興の最も典型的な例と言えるでしょう。


文:タオ・ヴィー(Thao Vy)
写真:コン・ダット(Cong Dat)

他の記事