24/03/2016 11:03 GMT+7 Email Print Like 0

モスクワで ベトナム東部海域に関するシンポが行なわれる

ベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海に関する科学シンポジウムが行なわれ、ロシアの有名な科学者、専門家が参加しました。

シンポジウムで発表されたスピーチはいずれもベトナム東部海域で行なわれた中国の違法行為を集中的に分析すると共に、これらの行為に対する懸念を表明しました。「多極世界」という雑誌のボリス・ビノグラドゥフ編集長は次のように語りました。

(テープ) 

「これは私が関心を持っている重要な問題です。私たちの読者も世界的に影響を及ぼしているこの複雑な問題を理解していただくよう頑張ります。最近発生した動きは本当に懸念すべきものです。我々は黙っていることができなく、声をあげる時が来ました。ですから、中国の軍事行為がベトナム東部海域だけでなく、他の国の権利を脅かすもしれないのなのです」

シンポジウムに参加した代表はいずれもベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海における紛争を解決するための最善方法は1982年の国連海洋法条約を始め、DOC海上行動宣言を基礎に、交渉を行うと強調すると共に、ASEAN加盟諸国はCOC=海上行動規範を早期に採択する必要があるとしています。


ソース:VOV