16/08/2019 09:35 GMT+7 Email Print Like 0

メコン川流域の南回廊の観光開発から960億ドルの収益

14日、南部カントー市で、文化スポーツ観光省・観光総局の主催により、メコン川流域の南回廊の観光開発に関する第6回会議が行なわれ、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー4カ国の観光管理機関や旅行会社の代表らが参加しました。

会議で、ベトナム観光総局のハ・ヴァン・シエウ副局長は「毎年、メコン川流域の南回廊にある各国は共同観光線の設立や各国間の観光商品開発の連携、新たな観光サービスの開発を討議する会議を行なう」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「南回廊の観光開発への投資が活発に行なわれ、多くの成果を収めてきました。一例を挙げると、ASEAN協力の枠内でベトナムが提唱した川の旅の開発プロジェクトは世界銀行の支援により進められています。」
メコン川流域の南回廊4カ国の観光調整委員会によりますと、2018年、この4カ国を訪れた外国人観光客は延べ6300万人を超え、2017年と比べ、10%増となりました。また、観光から得た収益は960億ドルにのぼっています。

ソース:VOV