24/03/2020 09:51 GMT+7 Email Print Like 0

メコンデルタの海水侵入被害が減少

これから5月までに、メコン川上流から流れる水量は例年より5%~20%低下していますが、3月末以降、メコン川の河口での海水侵入が減少する傾向にあるということです。

ベトナム国立水文気象予報センターによりますと、3月22日から4月5日までの期間に南部メコンデルタでの海水侵入が少し激化するものの、その後、減少していくとしています。また、この期間の塩分濃度は3月11日~20日までの期間を下回ると予測されています。

さらに、これから5月までに、メコン川上流から流れる水量は例年より5%~20%低下していますが、3月末以降、メコン川の河口での海水侵入が減少する傾向にあるということです。
ソース:VOV